愛媛合同物流の取り組み


SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)は、2015年に国連サミットにおいて加盟国全会一致で採択されました。貧困や気候変動、ジェンダーに起因する問題等の地球規模の課題に「誰ひとり取り残さない」という共通理念のもと持続可能で多様性と包摂性のある社会実現のための2030年を年限とする国際目標です。

当社では、社長交代を迎え、次の節目へと向かうにあたり、運送事業を通じて社会貢献、環境負荷の低減、現在の新型コロナウイルス感染症へのワクチンも医療現場に届けるのは運送事業者であるように、国民生活の健康を守る役割を担っていることを再認識し、今一度、物流企業として貢献出来ることは何か、SDGsをきっかけに熟考しています。豊かで活力ある未来を実現するために、全従業員が一丸となり、社会貢献出来る取り組みを策定中です。

当社は、Gマーク認定事業所です。国土交通省が推進する審査基準を満たした「安全性優良事業所」として平成23年より認定を受けています。認定事業所の事故割合は、未取得事業所に比べて半分以下だと発表されています。
GマークのGの由来は、Good(よい) Glory(繁栄)の頭文字を取ったものです。

当社は、JL認証制度認定事業所です。「安全」「環境」「コンプライアンス」「社会貢献」「JL活動」の5項目において、規定の水準を満たしている事業所としてJAPAN LOCAL NETWAORK SYSTEMより認証されています。

当社では、役員従業員を含め、愛媛県主催の「無事故無違反123コンテスト」に毎年5人1チームを編成し参加しています。これまでに、5万円の旅行券や図書券などを頂きました。

この度、当社のドライバーが授与致しました。
この顕章は、全日本トラック協会が実施している顕彰制度で、「交通道徳の高揚と安全意識の向上を図り、人命を尊重し安全運転を心がける優秀な運転者」に、贈られるものであり、10年以上無事故無違反の実績を称えられたものです。
今後も従業員とともに陸送のプロとして、安心安全運行に取り組んで参ります。

■ 会社全体として
マスク、除菌シート、アルコール消毒液の支給、パーテンションの設置、また、定期的な支給以外に作業着の支給を行い、トラック協会のガイドラインに則り、こまめな洗濯を推進しております。

■ ドライバーに向けて
受領書の受け渡しや業務連絡をインターネット経由で行い、出張先においても3蜜を避け、出来る限り非対面での業務にあたれるよう、リスク回避を推進しております。

■ 内勤者に向けて
自宅でファックスを確認出来るように改修し、配車や請求業務においては、クラウド型の配車物流システム(イコール)を導入し、テレワークに切り替える体制を整えております。社内の密を防ぎ、社内における感染リスクも回避するよう推進しております。

■ 平成19年6月以前に普通免許を取得したドライバーは、4t車(8t超車両)には乗務出来ないため、限定解除に掛かる費用、また、大型免許取得の際の費用も支援を行っております。その際の勤務休暇は、有給休暇の取得推進と合わせ、給与面でのサポートも行っております。

■ 夏には、熱中症対策として、送風機付きの作業着の支給。また、車両にミネラルウォーターやお茶、スポーツドリンク、塩分補給のタブレットを常備できるよう支給しております。

■ 冬には、インフルエンザ予防接種の全額支援、使い捨てカイロ、防風性保温性の高い防寒着などの支給を行っております。

■ 社内規定により永年勤続の従業員には、万が一の家族への保障の助けになれるよう勤務外も保障される生命保険に加入しています。

■ 社内では、釣り人気が高まり『合同釣りCLUB』が発足致しました。渡船代など、一部助成し有意義な休日になるよう支援しています。

当社では、職場内外を問わず、秘密厳守のもと相談を受けることを社内周知しています。適切な専門家を紹介し、トラブル解決にあたります。全従業員の心の健康状態のケアが出来るよう努めております。

PAGE TOP